坐骨神経痛の症状と対策

坐骨神経痛の症状と対策

坐骨神経痛の一般的な症状として、腰・臀部の痛み、太ももの裏から足の裏側にかけての痛みやしびれ(時にはそれがふくらはぎまで続く)などがあります。体を動かすことで痛みやしびれが悪化したり、痛みのために歩行すら困難になる場合も。
坐骨神経は腰椎から出て梨状筋(臀部)の下を通って太ももの裏、膝の裏から下へと続いていき、ふくらはぎやかかと・足の指にいたる長くて広い範囲をカバーする神経です。神経のどこが圧迫されているかによってあらわれる症状も変わってきますし、その影響が下肢全体に及ぶこともあるのです。人によって強い痛みを感じたり、ピリピリした痛み、しびれ、麻酔を打たれたような鈍磨感、引きつれなどの違和感など症状の感じ方や強さもさまざまです。まれに熱感・冷感としてあらわれることもあります。足の片側だけ冷える、一部分だけ冷えを感じるなどの症状も坐骨神経が原因の場合もあるのです。ほとんどの場合は、左右どちらかに症状がでますが、もし両側に症状がでている場合は、早急に専門機関で診てもらった方が良いでしょう。悪化すると排尿障害になる場合があります。
症状を感じた時の対策としては、まずは安静にすること。そしてできれば早めに病院などで診察してもらいましょう。