ブロック注射とは

ブロック注射とは

坐骨神経痛の改善、対処方法としてブロック注射という方法があります。ブロック注射とは、坐骨神経痛だけの治療法というわけではありませんが、効果が大きく即効性があるため、日常生活が送れないほどひどい症状の場合には坐骨神経痛患者に対しても施術されます。
ブロック注射は、神経伝達経路をマヒさせ、文字通り痛みをブロックしてしまう注射です。まず、痛み止めの麻酔を打ちます。その後痛みを引き起こしている神経細胞かその近傍に、局所麻酔剤もしくは神経破壊薬を注入します。神経そのものをマヒさせてしまうので、
すぐに痛みがなくなることが特徴です。しかし根本的な治療ではないので、ブロック効果が薄れると再び痛みに襲われます。ブロック効果が続く時間も人によるようです。ブロック注射をして、痛みが軽減できている間に、根本的な原因の治療を進めた方が良いでしょう。
ブロック注射は、投薬などによる鎮静と違い、痛んでいる神経だけに作用させることができるので少量の投薬で済むというメリットがあります。薬液は数時間で体外に排出されるといわれていますが、神経に針を刺しての投薬になるため、神経や血管を損傷する場合があります。まったく副作用がない、というわけにはいきませんので施術を受ける場合は医師の説明を良く聞いたうえで判断してください。