ブロック注射の種類

ブロック注射の種類

ブロック注射は整形外科や麻酔科、ペインクリニックなどで受けることができます。ブロック注射には、いくつか種類があります。
坐骨神経痛を引き起こしている原因やその部位によって注射を打つ場所が変わってきますが、場所によってそれぞれ名称があります。坐骨神経痛の場合は坐骨神経、椎間板、椎間板関節、仙骨神経叢に注射を打つこと多いようです。さらに注射のタイプもいくつかあります。注射の種類には、ファセットブロック、硬膜外ブロック、神経根ブロック、椎間板内ステロイド注射などがあります。
ファセットブロックは、背骨後部の突起付近でブロックします。硬膜外ブロックは脊髄を包む「硬膜」の外、「硬膜外腔」をブロックします。神経根ブロックは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛に対して、即効性が見込めるといわれています。神経根に直接注射するもので、痛みが激しく神経を損傷する可能性もあるため頻繁に行われることはないようです。椎間板内ステロイド注射は、患部に直接ステロイドを注入します。椎間板からはみだしたヘルニアに注射を打つので、入りにくい場合は激しい痛みをともないます。ブロック注射の種類は他にもありますので、医師とよく相談の上、自分の症状にあった注射を受けてください。