痛みと気圧・気温の関係

痛みと気圧・気温の関係

雨が降ったり寒い日などは、坐骨神経痛の痛みがひどくなる、という人は多いのではないでしょうか。このように経験的には天気と神経痛には関連性があると思われていますが、そのメカニズムに関して実は詳しく分かっていません。気圧や気温の変化で、交感神経と副交感神経が活発化するからではないかというのが有力な説です。
寒くなると血管が収縮し、筋肉が緊張するため坐骨神経を圧迫することがあります。それは交感神経の働きによるものと考えられています。交感神経は、筋肉や関節周辺では血管を収縮させ、神経を過敏にさせます。その結果、寒い日は特に坐骨神経痛がひどくなるように感じるのです。また、雨が降って湿度があがると体がむくみやすくなります。むくみは血行を悪くし疲労物質がたまりやすくなり、神経痛を悪化させます。雨の日の気圧の変化と湿度の上昇によって、血行が悪くなり神経過敏になった結果、坐骨神経痛をひどくさせているのではないかと考えられています。冷房などで急激に温度が下がるのも良くありません。
また、気圧が下がるとヒスタミンの分泌が増えるそうです。ヒスタミンは、炎症を起こしたり血管を拡張させ血圧を急低下させたりします。また交感神経を刺激し活発化させてしまいます。