坐骨神経痛の病院

坐骨神経痛の病院

坐骨神経痛の特徴は、臀部からくるぶしにかけての疼痛やしびれが一つのつながりをもっていることです。ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなどによって引き起こされた場合は、激しい痛みがありますのですぐにでも病院で受診することとなるでしょうが、漫然とした痛みの場合、病院に行くのが遅れることがあります。
臀部や太ももの裏に痛みやしびれを感じるだけでしたら、まだ坐骨神経痛はそれほど進行していません。圧迫されている個所が少ないので、痛みやしびれの範囲も狭いのです。痛みやしびれが太ももからヒザ裏、くるぶしへと伸びてきたら症状は悪化しており、そのまま放置しておくと排尿障害など重大な症状に結び付く可能性もあります。また、痛みで歩行も困難な状況に陥ることもありえます。腰や臀部、太ももの裏などに違和感を覚えたら、できるだけ早めに病院で診察を受けるようにしてください。整形外科が良いですが、その際にはレントゲンやMRI検査が受けられる医療機関を選ぶようにしましょう。
坐骨神経痛はヘルペスなどのウイルスが原因となって引き起こされる場合もあります。水泡などが体にあらわれるまで診断がつきにくいのですが、投薬などの治療を適切に受けるためにもまずは病院へむかいましょう。