坐骨神経痛の手術

坐骨神経痛の手術

坐骨神経痛がひどくなり、まともな社会生活を送るのが困難で今後も回復がのぞめないと判断された場合、手術を行うことがあります。
椎間板ヘルニアが原因の場合は、ヘルニアの切除手術が行われます。近年では、レーザー照射による手術も行われていますが、入院の必要がなく傷も残らないのが特徴です。腰部脊柱管狭窄症が原因の場合は、ヘルニアのように小さな部位ではなく広い範囲で神経が圧迫されていることがあります。広範囲にわたり骨や靭帯の切除が必要となった場合には、それを補うための金属や骨移植のための手術も必要となってきます。稀な例ですが、臀部にある梨状筋が坐骨神経をまたいでいることがあります。この場合も手術によって坐骨神経痛を取り除くことが可能です。
現代では、外科手術になることはあまりないようですが、生活が困難な場合には手術も視野に入れた治療を行った方が良いでしょう。手術に対して不安がある時は、セカンドオピニオン制度なども採り入れられます。また、手術をしたからといって100%の方が完治するとは限りません。手術後にも痛みが残る可能性もないとはいえないのです。手術を受けるか受けないかは、良く考えて決断してください。ただし、坐骨神経痛の中には、腫瘍や内臓疾患など重大な病気が原因の場合があります。手術を受けることで早期治療がのぞめる場合もあるのです。