坐骨神経痛のリハビリ

坐骨神経痛のリハビリ

リハビリテーションとは、再び元の適した状態に戻すことを意味しています。坐骨神経痛の場合のリハビリは、痛みをやわらげ歩行などをスムーズに行えるようにすることです。坐骨神経痛のリハビリは理学療法があります。理学療法には、マイクロウエーブを照射して筋肉をあたため新陳代謝をうながす温熱療法や、腰椎を引き延ばすことでストレッチ効果やマッサージ効果も得られる牽引療法、低周波電気刺激を与える電気療法、赤外線を照射し筋肉の緊張を緩和し炎症を抑える赤外線療法、患部を温め筋肉をほぐすホットパックなどがあります。理学療法は、整形外科など病院で医師の指示のもと行ってください。
自宅で簡単に行えるリハビリは腰椎周辺の筋肉を鍛えること、臀部の筋肉をほぐすことに重点をおいた体操やストレッチです。特に腹筋や背筋を鍛えることで、背骨を支える筋肉が強化され、筋肉による自然のコルセットとなって背骨を支えてくれます。また腹筋を鍛えることで腹腔内の圧力が保たれ内臓を支え、脊椎への負担を軽くします。リハビリの基本は、少しずつでも良いから毎日続けることです。腹筋や背筋が辛いようなら、まずは軽い散歩からでも始めてみましょう。痛みを感じたらすぐに中止して様子をみてください。