腰痛と坐骨神経痛について

腰痛と坐骨神経痛について

腰痛の中で時々「坐骨神経痛」という症状を耳にしたことがあるかもしれません。この坐骨神経痛とは、根性腰痛症ともいわれます。その原因はというと、腰椎椎間板ヘルニアであることがほとんどだといわれています。

なぜ坐骨神経痛が起こるかというと、脊髄や神経根が圧迫されることによって発症します。そして、お尻や脚が痛むようになってきます。そして腰痛も起こります。これらの症状が出ると、病院では坐骨神経痛と診断されるでしょう。

一方、似たような症状に「骨粗鬆症」があります。脊椎圧迫骨折ともいわれます。年配の女性に多いのが特徴です。原因は加齢によってカルシウムが少なくなり、骨がスカスカの状態になるので、少しでも骨に負担がかかっただけで骨折してしまう症状です。

また、腰痛で多いのが「すべり症」です。正式には「脊椎すべり症」、「腰椎すべり症」ともいわれます。腰痛症のような痛みがあるものの、激痛が伴う痛みがほぼないのが特徴です。椎体が直下の椎体に対して前方にすべっている状態で、椎間板の老化や脊椎が分離することで起こります。

すべり症には、前屈位で腰への突っ張り感や不安定感のある「腰椎分離すべり症」、長時間立っていると起こる腰痛、臀部の痛みや下肢のしびれがある「腰椎変性すべり症」、形成異常による出っ尻のような姿勢、腰痛・下肢痛が起こる「腰椎分離すべり症」がよく知られています。