「坐骨神経痛」総論

「坐骨神経痛」総論

腰痛の症状の中で最近多い1つが「坐骨神経痛」です。

そもそも坐骨神経とは、末梢神経の中で最も太くて長い神経のこと。第4、5腰椎神経と第1~3仙骨神経から構成されていて、梨状筋の下を通って大腿の後ろを下行して膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれています。坐骨神経痛は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤を通り、おしりの筋肉から顔を出す間のどこかで圧迫、絞扼などの障害を受けた際に発症します。

坐骨神経痛の原因は、年齢によって異なります。若い人の場合、最も多いのが腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群などです。

腰椎椎間板ヘルニアは急激に発症して、あお向け状態で下肢を伸ばすと坐骨神経痛が悪化します。片側の坐骨神経痛が出現することが多く、ヘルニアの位置や大きさによって両側に見られることも。一方、梨状筋症候群はというと、梨状筋間で坐骨神経が絞扼されて、さらに仕事や運動によるストレスが加わって発症することが多いです。とても珍しい症状で、見過ごされることも少なくないとのこと。

一方で、高齢者になると、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患が多く見られるようになります。帯状疱疹によって坐骨神経痛が発症することも。さらに、年齢関係なく、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などもあります。このような腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症すると痛みが非常に強くて保存療法では治りにくいと言われています。