坐骨神経痛の治療について

坐骨神経痛の治療について

「坐骨神経痛」の治療は、急性期治療と慢性期治療によって違います。坐骨神経痛の原因によっても異なります。初期の医療検査がとても重要で、自覚症状が出たら必ず病院で検査しましょう。

まず、急性期は通常48時間ぐらいまで炎症があること。休養、アイシング、圧迫、持ち上げるが治療です。そして慢性期は48時間以降で、熱、赤み、腫れ、痛みなどが収まりつつある段階になります。

一般的な病院の治療方法は、まず、整形学検査、問診などによって診断します。レントゲンやMRIなどの画像診断が有効です。急性坐骨神経痛の場合、まずは安静すること。慢性の退化性関節炎や脊柱間狭窄などによる坐骨神経痛の場合、炎症がない限り、アイシングや安静は不要です。同じ姿勢でいることに気をつけ、筋力強化運動やエクササイズをすると坐骨神経痛の治療につながります。

薬物治療では、消炎剤や痛み止めが用いられることが多く、胃腸障害、肝・腎障害などの副作用が出る場合もあるので医師と相談しながら行いましょう。

慢性期の坐骨神経痛だと、ホットパックなどの温熱療法、超音波・低周波・高周波・干渉波などの電療が用いられることもあります。目的は、血行促進です。神経根異常の坐骨神経痛の場合、牽引も用いられます。

神経根ブロック注射では、腰の神経が原因で起こる坐骨神経痛に効果が期待できます。ヘルペスなどの感染が原因で起こる坐骨神経痛は、水泡が出てきた時点で診断して、帯状疱疹が出ると薬物療法になります。ヘルニアや腫瘍が原因の坐骨神経痛は手術が行われることもあります。