坐骨神経痛に効果あるストレッチ

坐骨神経痛に効果あるストレッチ

坐骨神経痛のみならず、ごく一般的な腰痛にもとても効果のあるストレッチ体操を紹介します。

まず、床に座って両足は”ハの字”に開きます。もし右側の腰が痛いなら、右の足を曲げて左側の膝の内側のあたりに右足の裏をつけましょう。坐骨神経痛が右にある人も同様に行いますが、曲げた方の膝は床から離れてしまってもOK。逆に、左側に痛みがある人は左側の膝を曲げて右ひざの内側に左足の裏をくっつけます。さらに、両側に痛みがあるような人ならば、やりやすい方から始めます。

そして、ストレッチの方法です。曲げた足のすねの方向に両手を伸ばし、前屈していきます。体が硬くて前屈できないなら、無理しすぎないでできるところまでやります。この姿勢を30秒ほど続けましょう。呼吸はいつも通りで、無理せずに。また、伸ばしているほうの足のふくらはぎ、ふとももの裏側が突っ張る感じがしたら、きちんとストレッチされているということです。

次に、片方が終わったならば、もう片方の足も以上のストレッチを同じようにします。「このストレッチで腰痛が治る、ラクになる」などと考えながら行うのをおすすめします。気持ちが前向きになるのも大事です。