足の痺れと坐骨神経の関係

足の痺れと坐骨神経の関係

坐骨神経痛は、人体で最も長く、最も太い神経です。特に太いところで神経が親指ほどの大きさがあると言われています。腰から足先までつながっていて、この坐骨神経を痛めると腰痛と合わせて足の痺れが起こります。これが坐骨神経痛です。

足の痺れは腰痛以上に辛いケースもあります。中には「気持ち悪い」と感じる人もいるようです。神経の病気ですから、とにかく早めに病院で受診して、原因をはっきりさせて治療を受けないといけません。でないと手遅れになり、どんどん長引いてしまうからです。

この坐骨神経痛は、太ももやおしり、ふくらはぎの外側や足の裏や指などに痺れを感じるのが特徴です。痺れるところには、坐骨神経が通っています。もし、とても神経が太いところで痛むと、その痺れは半端ではありません。

腰から足にかけては、人間にとってさまざまな動作をするうえで最も重要な部分です。痺れがひどいと通常に歩くこともままならなくなります。とにかく腰痛とともに痺れを感じたら、すぐにでも病院にかかることを強くオススメします。