病院で行われる「坐骨神経痛」治療とは

病院で行われる「坐骨神経痛」治療とは

坐骨神経痛になると、かかる病院は整形外科になります。ただし、病院に通ったからといって誰もが完治するわけではありません。ある人は「牽引と湿布だけで坐骨神経痛がまったく治らなかった」という声も。病院選びは慎重に行う必要があります。

まず、個人開業医の整形外科へ行き、問診を受けます。その後、身体を前後屈するなど簡単な理学検査が行われます。そして、レントゲン検査で骨に異常がないか、骨の並び、背骨と背骨の間隔などをチェックして、総合的に診断されます。坐骨神経痛の原因として、椎間板ヘルニア、腰椎分離症・腰椎分離すべり症、脊柱管狭窄症などが主に挙げられます。

そして、病院で行われる治療は、大きく分けて2つです。まずは手術療法、そして保存療法(注射・投薬・牽引・温熱など)。すぐに手術するケースは稀です。一般的には、湿布薬、筋肉の緊張緩和を促すビタミン剤、牽引や温熱などの物理療法、痛み止め、座薬、ブロック注射、そして手術というのが痛みの度合いが強くなるにつれて行われる治療法といえます。手術は、失禁を伴うなど緊急性のあるものに限るのが最近の傾向です。