坐骨神経痛になる「原因」について

坐骨神経痛になる「原因」について

腰痛の中でもよく聞く坐骨神経痛、さて、この症状の原因をご存知でしょうか。

まず、坐骨神経痛は、脊髄や神経根が圧迫されることによって起こります。そして、坐骨神経痛の原因は、年令によって異なるのが一般的です。若い人だと椎間板ヘルニア、梨状筋症候群が原因であることがほとんどです。この椎間板ヘルニアは急に発症して、あおむけ状態で下肢を伸ばすと坐骨神経痛がひどくなります。

また、片側だけ坐骨神経痛が起こることも多いです。梨状筋症候群だと、坐骨神経が刺激されるのと同時に仕事や運動などでストレスが加わって坐骨神経痛に発展する例も多々あります。

一方、高齢者の場合は原因が違います。変形性腰椎症や脊柱管狭窄症などに多く見られ、また帯状疱疹が原因で坐骨神経痛を発症することもあります。

また、カルシウム不足になると坐骨神経痛になりやすいともいわれています。なぜなら、カルシウムが不足すると、骨や軟骨の組織が弱くなり、筋肉の異常緊張が慢性的に起こるからです。カルシウム不足は腰痛や肩こりなどの原因にもなるので、普段の生活からしっかり摂取するのをおすすめします。