坐骨神経痛になるさまざまな原因

坐骨神経痛になるさまざまな原因

坐骨神経痛になる原因は、一概には言えないほどたくさんあります。その中で特に多い原因についてご紹介します。

まず、脳疾患による半身のしびれや以上が起きた場合。坐骨神経だけだからあまり問題ないと思わず、急にしびれなどの自覚症状が出たら、とにかく早めに医師に相談することを強くオススメします。

また、神経そのものの病気が原因でも起こります。末梢神経に異常が出て、歩くこともままならなくなります。例えば、多発性硬化症など。専門医への相談が不可欠です。

また、脊髄の異常が原因になることも。椎間板ヘルニア、骨の変形、骨折、脱臼、内出血などで、背骨内部で脊髄神経そのものが圧迫され、影響を受けている状態です。もし両足に自覚症状が出たら大変です。

神経根障害も、坐骨神経痛の原因なことがあります。脊椎症、椎間関節症、骨の変形などで神経根を刺激する場合です。背骨の間での障害で、片側のみの自覚症状で姿勢によって楽になります。

さらに、梨状筋症候群、ヘルペスなどの感染症、脱臼や骨折などの外傷、女性の場合は妊娠などが原因で坐骨神経痛になることがあります。いずれにせよ、早期発見が重要で、気になったらすぐ病院に行って相談したほうがいいです。