坐骨神経痛の正体

坐骨神経痛の正体

坐骨神経痛を病名と思っている人が多いですが、実は、坐骨神経痛は他に原因があることで頭痛や腹痛が生じるのと同じく症状を現す名前であって病名ではありません。
この坐骨神経痛は、椎椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症腰椎すべり症などの病気によって、坐骨神経が絞扼(圧迫され締め付けられること)されることで痺れや強い痛み、鈍痛が坐骨神経が通っているお尻から太ももの後ろ側を経由して足の先にかけて生じます。

坐骨神経とは、背骨を通る脊髄中枢神経が腰椎部で枝分かれしている末梢神経の中の1つで、長さは約1mともっとも長くて、太さもまた親指大ほどあるもっとも太い抹消神経です。

坐骨神経痛の症状は、腰からお尻、太ももの裏、足先までの一部また全体にかけての痛み・痺れが生じます。
足先へと痛みが広がっていくにつれ、症状が重く、痛くなっていきます。
初期の症状は、違和感を感じる程度ですが、徐々に痛み・痺れがひどくなり、歩行困難、排尿障害(失禁など)を起こします。