西洋医学では原因不明が多い坐骨神経痛

西洋医学では原因不明が多い坐骨神経痛

腰痛を感じて治療をしたいと思うと、坐骨神経痛をはじめ、多くの人はまずは整形外科を足を運ぶのが一般的でしょう。

しかし、坐骨神経痛を含めた腰痛が整形外科で原因が明確に分かるのは約15%で、残りの85%は原因不明と言う統計があります。
エックス線検査は言うに及ばず最新のCTやMRIなどの画像検査機器を使用して診断を行なってもこの結果です。
真の原因には、ストレスなどの心因性による場合や緊張して固まった筋肉など原因となる場合があるので、原因が画像診断では判断がつかないからです。
ただし、15%に含まれる原因がないことを確認するために、まず整形外科で受診することの意味はあります。

原因不明では、根本治療はできず、症状を抑えるだけの対症療法となり、いったん、痛みが治まって再発する可能性が高くなります。
また、原因不明と言われることは精神的にも不安となります。

坐骨神経痛の症状は坐骨神経が絞扼(圧迫され締め付けられること)ことで生じますが、一番、多いと言われているのが、緊張し固まった筋肉による坐骨神経への絞扼です。
この場合は、筋肉の緊張を緩和させることで完治が可能です。
ただし、筋肉の緊張は、日常生活での無理な姿勢などで、再び生じる可能性があるので日常生活を見直して、姿勢に注意すると共にストレッチなど筋肉の緊張を和らげる予防策を毎日の生活に取り入れることが大切となります。