日常生活に潜む坐骨神経痛のきっかけ

日常生活に潜む坐骨神経痛のきっかけ

日常生活で、人は無意識に椅子に腰掛けて足を組むとき同じ足を上にあげたり、荷物を持つときは利き手ばかりで持ったり、ショルダーバックを同じ肩にばかりかけて持ったりしますが、これらが坐骨神経痛につながります。

これらの何気ない行動でも骨盤が歪みます。
また、股関節もスポーツをしたり、日常的に自動車の運転のように片足に力を入れる姿勢で長くいたり、肥満であったり、重い荷物を持つことが多いと歪みが生じています。
これに加えて、椅子に腰掛けているだけでも姿勢が悪いと腰に大きな負担をかけています。

これらが重なることで、骨盤や股関節に歪みが生じると、腰からお尻かけての筋肉のバランスが崩れ筋肉が緊張し、こり固まり、そして腫れていきます。
腰の負担もあいまって、腰椎からお尻・下肢にかけてのびている坐骨神経を圧迫し、痛みが生じることになります。
腰からお尻かけて違和感や痛みを感じたら骨盤や股関節の歪みを矯正すると症状が治まる可能性が高いです。

骨盤が歪みは、骨盤が脊椎や股関節、大腿骨と密接に連動して人体を支えているだけに、坐骨神経痛を引き起こすだけでなく、身体的には、O脚やX脚、無駄な筋肉がつく下半身太り、顔の左右アンバランスなどをもたらし、肩こり、頭痛、冷え性、便秘、むくみ、肌荒れなどの原因にもなります。
早めに骨盤の歪みを治すことは健康な身体作りに重要です。