日常生活で坐骨神経痛を予防

日常生活で坐骨神経痛を予防

腰に不安があったり、過去に坐骨神経痛を発症していたら、毎日の生活習慣を見直し日常生活に気をつけて予防、再発防止対策をしっかり行いましょう。
日常生活では腰に負荷がかかる行動をたくさんしています。
以下のような行動をできるだけ避けて、止むを得ないときはストレッチ体操を行ってケアを行うようにします。

1)長時間の立ち仕事・同じ姿勢でのデスクワークを避ける:
腰に負担がかかるので避けます。仕事上、止むを得ない場合は、コルセットで保護したり、合間、合間に腰のストレッチ体操を行います。
2)骨盤を歪める姿勢・行動を避ける:
椅子に腰をかけるときに足を組まない。また、かばん、バック、荷物を同じほうの肩、手で持たない。
これらの姿勢・行動は骨盤を歪め腰に負担をかけます。
3)高いヒールの靴、底の固い靴を避ける:
いずれも腰に負担をかけます。
4)やわらか過ぎる布団で寝ない:
柔らかい敷布団は腰に負担がかかります。
5)重いものは出来るだけ持ち上げない:
止むを得ない場合は、中腰から持ち上げないで、腰を低くし、出来るだけ腰を屈めないで持ち上げるようにします。
6)身体を冷やさない:
身体が冷えると、筋肉が収縮・緊張をして坐骨神経を圧迫しやすくなります。
7)食生活でカルシウム不足にならない:
カルシウム不足が続くと筋肉が慢性的に収縮・緊張し、坐骨神経を圧迫しやすくなります。
8)過度に太らない:
体重増は腰に負担をかけます。

これらの行動は、意識すると負担になるので、無意識に行動できるように習慣化させてしまうと良いでしょう。
日常生活の中で気をつけながら、それでも違和感や痛みを感じるようであれば、ストレッチ体操も習慣にすると万全の予防になります。