坐骨神経痛の種類

坐骨神経痛の種類

一口に坐骨神経痛と言っても原因や痛む場所によっていろいろな種類の坐骨神経痛があります。
大きくは以下の3つの坐骨神経痛があります。
1)根性坐骨神経痛(腰椎性坐骨神経痛):
根性坐骨神経痛は、主な原因として椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって腰椎の関節や靭帯、および筋肉などに障害が生じ、その結果として坐骨神経の付け根部分が圧迫されることで腰からお尻、足にかけて痛みが起こります。
2)梨状筋性坐骨神経痛:
梨状筋というお尻にある筋肉が打撲などで外傷を受けたり、立ち仕事などを続けて疲労したり、寒さになどによる血行不良やなどで収縮・緊張して、その近くを通る坐骨神経を圧迫して起こります。
痛みはそのためお尻周辺に起こります。坐骨神経痛の中でもっとも多いですが、他の2つの坐骨神経痛に比べて治療が行いやすく治りも早いです。
3)症候性坐骨神経痛:
坐骨神経痛の痛みはありますが、神経の圧迫が見られないので原因がはっきり分からないのが特徴の坐骨神経痛です。
原因が不明なので、根本治療が行えず、痛みを緩和する治療のみを行うことになります。

坐骨神経痛は、初期は違和感を感じる程度なので、我慢がきるため放置しがちです。
痛みがひどくなる前に予防策を講じることが大切です。