坐骨神経痛の原因にもなる脊髄腫瘍

坐骨神経痛の原因にもなる脊髄腫瘍

坐骨神経痛は腰痛症のひとつで、坐骨神経の経路と周辺領域に痛みとしびれがある症状です。ただ、坐骨神経痛と診断されても、その原因となっている腰痛症は多岐にわたり、椎間板ヘルニアをはじめ、ほとんどすべての腰痛症がその原因として挙げられるほどです。

坐骨神経痛と診断されても、腫瘍性の腰痛症が原因となっている場合もありますので、原因に応じた適切な治療を施す必要があります。

坐骨神経痛と間違いやすい腫瘍性の腰痛としては、脊髄腫瘍があります。

脊髄腫瘍の種類

脊髄腫瘍は、脊髄内部や周囲に発生する腫瘍です。脊髄腫瘍には原発性脊髄腫瘍と、他の部位で発生した癌が転移した続発性のものがあります。

原発性脊髄腫瘍は脊髄内部、もしくは脊髄に隣り合った細胞に発生しますが、圧倒的に多いのは脊髄に隣り合った細胞に発生するもので、脊髄内部に発生する症例は全体の1割程度です。原発性の脊髄腫瘍には良性のものもありますが、癌性の腫瘍ももちろんあります。脳腫瘍に比べて発症率の少ない腫瘍ですが、腰に痛み・しびれを自覚している方は、腫瘍の可能性も疑って、早期に対処することが求められます。

脊髄腫瘍にみられる症状

腫瘍で脊髄が圧迫されると腰痛、下肢のしびれ、進行性麻痺が起こり、圧迫されている場所から下の体の感覚が鈍くなります。またインポテンス、膀胱と腸の調節機能が低下する排泄障害もみられるようになります。

脊髄内部に腫瘍ができると、痛みよりもしびれやチクチクする感覚が強く、筋力低下に繋がっていきます。神経根が圧迫されるケースでは、神経根が支えていた筋肉に痛み、しびれが強くあらわれます。さらに脊髄腫瘍が進行した場合は、脊髄の血行不良によって組織の壊死があらわれ水がたまるようになります。

脊髄や脊椎にできる腫瘍は多くの場合手術で切除できます。また術後に放射線治療を施すケースもあります。腫瘍が悪性の場合は、早期診断・発見が重要であることは言うまでもありません