坐骨神経痛を引き起こす代表的な腰痛症

坐骨神経痛を引き起こす代表的な腰痛症

坐骨神経痛は特定の腰痛症の病名ではなく、様々な腰痛症の総称として使われている症状名です。ここでは、坐骨神経痛に含まれる主な腰痛症を整理しておきたいと思います。

脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症は、脊椎の中央にある、脊髄馬尾神経などが通っている脊柱管が狭小化することで、神経を圧迫して起こる腰痛症です。下肢にもしびれや痛みがあり、下肢痛は坐骨神経の走行に一致します。

脊柱管の変成は、椎体や椎間板の変形が原因となる場合がほとんどですが、脊柱管内部で靭帯などが骨化することでも脊柱管狭窄症となることがあります。

腰椎分離症、腰椎分離すべり症
腰椎分離症は、成長期のスポーツ選手に多く見られる腰痛症で、椎弓と呼ばれる部分が激しい運動によって疲労骨折をおこした状態です。ただし椎弓の疲労骨折自体はよく見られるもので、痛みやしびれがおきなければ治療の必要はありません。痛みがある場合は、スポーツを中断してコルセットなどを使用して安静治療を行います。

腰椎分離すべり症は、腰椎分離症が原因となることもありますが、椎弓は腰椎の関節突起に分離がおこり、椎体が前方にすべることで脊髄が圧迫される腰痛症です。腰痛は後屈すると特に強く痛み、下肢痛は坐骨神経の走行に一致します。
ただしすべり症において、レントゲンやMRI検査などで椎体のすべりが認められても、痛みやしびれが出なければ(神経を圧迫していなければ)、治療は特に必要はありません。

・梨状筋症候群
坐骨神経は梨状筋の下を通る神経で、本来梨状筋が坐骨神経を圧迫することはないのですが、スポーツ選手などが、屈伸運動を頻繁に行う他、股関節を急激に捻るような運動をすると梨状筋による坐骨神経の圧迫がおきて坐骨神経痛が生じる場合があります。

また稀に坐骨神経が梨状筋を貫通しており、枝分かれをした坐骨神経が梨状筋を挟んでいる場合があります。こうしたケースで起こるのが梨状筋症候群です。

腰椎椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアは、積み木のように重なっている椎体のクッションの役割を果たしている椎間板が、負荷がかかり続けることで変成して突出し、これが神経を圧迫して坐骨神経が通っている箇所に痛みとしびれが出る、ある意味でとてもポピュラーな腰痛症です。

この他には、癌が脊椎に転移したり、腫瘍性病変が脊椎に出来て坐骨神経を圧迫する場合もあります。