坐骨神経痛と馬尾神経腫瘍

坐骨神経痛と馬尾神経腫瘍

坐骨神経痛を疑って検査を受けてみたら、腰椎に腫瘍が見つかるということがあるわけですが、この場合、すでに体の他の部位で発生した悪性腫瘍が腰椎に転位したケースが多いと言われています。しかし、この周辺の腫瘍の中には転位した腫瘍だけでなく、脊髄で発生した腫瘍も見つかることがあります。そのひとつが馬尾神経腫瘍です。

脊髄で発生した腫瘍は脊髄腫瘍と総称されます。馬尾神経腫瘍は脊髄腫瘍のひとつで、はじめは、一般的な坐骨神経痛や椎間板ヘルニアかと疑われることが多く、MRI検査で精査した際に、馬尾神経腫瘍であることが発見されます。

脊髄馬尾神経は腰椎で枝分かれをした、馬の尾のように多数の神経が束になったもので、坐骨神経痛でも馬尾神経の圧迫が下肢のしびれや排泄障害の発端となっていることが多いことから、腰痛症とは深い関わりのある神経です。
馬尾神経腫瘍は、多くの場合良性の腫瘍ですが、稀に悪性の馬尾神経腫瘍ということもありますので、注意して検査する必要があります。

馬尾神経腫瘍は、脊柱管内でできる腫瘍ですが、椎体と椎弓に挟まれた脊柱管は、発生位置としては脊髄の外部にあたります。なお脊髄内部にできる転位以外の腫瘍もあり、こちらは髄内腫瘍と呼ばれています。髄内腫瘍で多いのは、星細胞腫、上衣腫、血管芽腫などで、星細胞腫、上衣腫に一部悪性腫瘍がみられるものの、ほとんどが馬尾神経腫瘍と同じで良性腫瘍です。

良性腫瘍が多い馬尾神経腫瘍ですが、腫瘍の存在が神経を圧迫しますので、症状に応じて除去する必要がでてきます。また当初痛みが伴わないとしても、馬尾神経腫瘍は加齢によって肥大化してくることが多いことから、すぐに手術をしないとしても、後年手術の必要性がでてくることもあります。

いずれにしても悪性でないことを正確に診断しなければなりませんので、坐骨神経痛が疑われた場合は、整形で検査を受けるようにすることが大事です。