年齢別の坐骨神経痛の原因の違い

年齢別の坐骨神経痛の原因の違い

坐骨神経痛の原因は年齢別によって大きく異なります。
高齢者に多く見られる原因の病気は、脊柱管が狭くなり、その結果神経を圧迫するために起こる腰部脊柱管狭窄症や椎間板の厚みが減少したり、椎間板に接している椎体が硬骨硬化を起こしたりすることで発症する変形性腰椎症など加齢による骨の変形が生じるものになります。

一方、若年層に多く見られる原因は、重い荷物を中腰状態で常に持ったり、スポーツなどで腰を強くひねったり、曲げたり、または長時間、腰に負担をかける姿勢を続けたりすることなどで起こる腰椎椎間板ヘルニアです。
腰椎椎間板ヘルニアの症状は急激に現われることが多い病気ですが、この腰椎椎間板ヘルニアの症状があるのか、ないのかは、ラセーグテスト(仰向けに寝て片足をまっすぐ上に伸ばし痛みの有無を確認する方法)を行うことで判別が可能です。

尚、年齢に関係ない原因としては、腫瘍の中の脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍が主に原因となります。腫瘍が原因のときは非常に強い痛みが現われます。