将来坐骨神経痛に悩まされないために座る姿勢を見直してみる

将来坐骨神経痛に悩まされないために座る姿勢を見直してみる

坐骨神経痛は腰痛のかでも、厄介な腰痛のひとつと言えますが、パソコンが仕事のツールの中心となっている今、将来坐骨神経痛に悩まされる可能性のある方は増加の一途をたどっていると言っても良いでしょう。なぜなら姿勢の悪さこそが、坐骨神経痛を引き起こす要因のなかでも大きなウェイトを占めるものだからです。

パソコンは非常に便利なツールですが、そのことによって今ではあらゆる職域で、デスクワークに費やす時間が増大しています。椅子に座って仕事をするということは一見非常に楽なことのように捉えられがちですが、それがとんでもない誤解だということは、日々デスクワークに追われている方なら実感されていることでしょう(座っている時の椎間板への負担は、立っている時の1.4倍にもなる)。
椅子に座って仕事をするということは、腰にとって決して良くないことは、デスクワーカーやドライバーに腰痛持ちが多いことでもはっきりしています。さらに悪い姿勢という条件が加わると、特定の筋肉に負荷が集中し坐骨神経痛をはじめとする、様々な腰痛を引き起こすことにつながってきます。座って仕事をする機会が増えている私たちは、姿勢についてもっと注意を払わなければなりません。

将来坐骨神経痛に悩まされないために、注意したい座る姿勢のポイントは、椅子に対して深く腰掛け、骨盤が垂直になり、坐骨の上に座っている状態を保つことです。坐骨は文字通り座るための骨とも言えるわけですが、坐骨で座るというのが、一番小さな力で背骨を支えることになりますので、立っている時とほぼ同じ骨盤の状態を保つことができるのです。坐骨と言うとちょっと意識しづらいかも知れませんが、座った時にお尻の下の部分で椅子の座面にゴツッと当たる骨が坐骨です。

背中は背もたれに付いても良いですが、もたれかかってはいけません。背中が丸くて、椅子の入隅と腰の間に隙間ができるという方は、その部分にバスタオルや座布団等を使って隙間をうめ、座った時の腰のカーブが自然になるように工夫してみてください。

そして踵がしっかり床についていることも大事なポイントです。もし踵が浮くようなら、椅子の高さを調整して踵がしっかり床につくようにするか、足台などを設置して踵が浮かないように座ります。パソコンを使っている場合は、机の高さに合わせて椅子を高めに調整していることもあるでしょうが、踵がつくように調整し直してみましょう。

長時間デスクワークする方なら、椅子にもこだわるべきでしょうが、最低限のポイントとして坐骨で座ること、そして座った時に踵がしっかり床面についていることを意識するだけでも違ってくると思います。ドライバーの方も、深く腰掛けて坐骨で座るということが基本ですから、ぜひ見直してみてください。