妊娠と坐骨神経痛の関係

妊娠と坐骨神経痛の関係

坐骨神経痛になる原因の一つに意外ですが妊娠があります。
妊娠初期からでも起こりますが、通常、妊娠後期に多く症状が現われます。
妊婦が坐骨神経痛になりやすいのは、お腹の赤ちゃんが成長するにつれて腰椎、骨盤のあたりが圧迫されることにより坐骨神経が圧迫されること、血流の悪化より筋肉が緊張することが理由です。

もう一つの理由に、妊娠によって出産準備のために骨盤周辺の鼻骨、仙骨、腸骨が緩むことによる痛みの発生があります。
予防策としては、腰に負担をかける姿勢をとらないこと、ストレッチ運動を行うことがあります。
痛みがひどい場合、市販の痛み止め剤は湿布も含めて、医師の指示なく飲むのは胎児に影響する可能性があるのでしないようにしなければなりません。
医師が処方する薬なら胎児への影響はありません。

産後も骨盤は広がっているので、元の状態に戻るまでの1から2ヶ月の期間痛みが残る場合があります。
この期間は腰に負担をかける姿勢は控えるようにしましょう。