坐骨神経痛と腰椎固定術

坐骨神経痛と腰椎固定術

坐骨神経痛では、約3ヶ月ほどの保存療法を行なっても症状の改善がみられない場合、また馬尾神経の圧迫が強く、直腸膀胱障害によって日常の排泄に支障をきたしている場合、また仕事の関係で保存療法に専念できない場合などに手術治療に切り替えることになります。

坐骨神経痛の手術治療の目的は、神経を圧迫している骨などを除去することで圧迫を取り除き、痛みやしびれを緩和させることにあります。この神経の圧迫を取り除く手術を除圧とよんでいますが、症状によっては除圧術だけでは済まず、脊椎等の不安定性を解消するために椎骨固定術と呼ばれる手術が行なわれる場合があります。

椎骨固定術は、除圧のみの手術よりも通常大掛かりなものとなりますが、術後の症状再発をおさえる効果が高いと言えます。ただし固定術に対して否定的な意見もありますので、実際に椎骨固定術を勧められた場合は、説明を十分理解した上で判断してください。またセカンドオピニオンを参考にしてみることも良いのではないでしょうか。

坐骨神経痛で椎骨固定術が必要となるのは、腰椎すべり症での除圧、脊柱管狭窄症の手術で椎間関節を削る場合に多いのですが、他にも脊椎の骨折・脱臼・腫瘍などの要因で脊椎が不安定となった場合や、側弯症や圧迫骨折でも固定術が必要となることがあります。

椎骨固定術には、1.後側方固定術(PLF)、2.後方侵入椎体間固定術(PLIF)3.腰椎前方固定術(ASF)の3つの固定術があります。

1.後側方固定術(PLF)
腰椎の後方からスクリューを埋め込み、併せて、側面からは自家骨によって補強する固定術で、脊柱管狭窄症で多い固定術です。

2.後方侵入椎体間固定術(PLIF)
この固定術は腰椎すべり症でよく用いられる固定術で、まず腰椎の後方から椎間板を取り除き、椎間板の代わりに自家骨か人工骨を挿入した上で、後方からスクリューを埋め込んで固定化を図ります。

3.腰椎前方固定術(ASF)
脊椎腫瘍などで、比較的広範囲にわたって椎体を切除する際は、腰椎の前方から侵入して固定術を行います。

 腰椎固定術を行った場合に考えられるマイナスポイントは、腰椎の動きが悪くなること、固定範囲の上下に負荷がかかることから、椎間板や椎間関節が痛むことがあるといったことです。