坐骨神経痛の原因は大半が筋肉疲労

坐骨神経痛の原因は大半が筋肉疲労

坐骨神経痛は、坐骨神経を圧迫・刺激することから腰痛が発症するわけですが、大元の原因は神経や骨ではなくて、筋肉の疲労です。背骨の横の筋肉は、立っている姿勢を保つために、かなり重要な役目を果たしています。そして立っている間の負担は骨盤の上あたりの箇所に集中しています。

長時間立ち続けていると足が疲れてきますが、それと同時に腰に手をあてがってみたりすると思います。これは立ち続けているためにバランスと保とうと頑張っている腰の筋肉をかばうことから、自然にとっている行為です。椅子に長時間座っていると、状態を支えているのが辛くなってきて手で座面を押して体を支えてみたりすることもあると思います。こうなると筋肉もかなり疲れて休みたがっている証拠です。

人間は2本の足で立って生活するわけですから、腰に疲労がたまるようにはじめからなっているのです。腰や背中に疲労がたまって、筋肉が耐えられなくなってくると発痛物質も蓄積されて痛みの原因となります。またいっぽうで、筋肉で支えきれなくなった負荷は脊椎に及びます。長い間この繰り返しをしていれば、やがて脊椎も悲鳴を上げてしまいます。そのうち腰椎にすべりが生じたり、椎間板の変性が進んでやがては坐骨神経を圧迫するような構造異常があらわれてきます。
近年腰痛の原因にストレスが絡んでいるとする見方が強くなってはいますが、肉体的な原因をたどっていくと筋肉の疲労に行き着きます。それだけに疲労回復のために体を休ませることはとても大切な対処方法なのです。

疲れた筋肉の疲労を回復させるのに有効なのは入浴や温泉があります。疲労した筋肉は循環も悪くなっていますので、体を温めてあげることで血のめぐりも良くなり、痛みや疲労物質を洗い流すことにもなります。緊張して固まった筋肉をほぐすのにマッサージやストレッチも効果的です。

そして忘れてはいけないのが睡眠を十分とることです。忙しく働いている方にはなかなか難しいことかも知れませんが、疲れは一日単位でとることが基本です。

体は休ませる時にきちんと休ませてあげないと、あとでかならず手痛いしっぺ返しが身に降りかかってきます。坐骨神経痛を再発させないためにも、これらの心がけは重要なことです。