坐骨神経痛の治療期間中に活用するコルセットについて

坐骨神経痛の治療期間中に活用するコルセットについて

初期の激痛からある程度開放されても、腰痛や坐骨神経痛の治療期間は長く続きますし、その間も腰をかばうようにして過ごすことになります。この治療期間だけに限りませんが、日常生活のなかで腰への負担を和らげるために装着すると良いのがコルセットです。

コルセットは腰椎分離症などで使用する硬質のオーダー品もありますが、こうした治療用のオーダーコルセットは一般的な腰痛では必要ないでしょう。それ以外にと言うと、外部の装具業者と提携している医師から薦められるコルセットや、ドラッグストアやスポーツ用品店などで販売されているメッシュ仕立ての布製のコルセットがあります。

私たちは医師から薦められると、それを良いものとして購入してしまうものですが、装具業者のコルセットは概して高価(1万円~2万円もする)であり、往々にしてムダな出費となると思います。というのも、こうしたコルセットは1日中装着しているわけではなく、腰の調子が良い時は当然外していますので、装着期間を考えると値段はやはり高すぎると言えます。松葉杖などと同じように患者に貸し出すということはできないものかと常々思ってしまいます。

それに比べて市販のコルセットは、比較的安価であり、装具業者のコルセットに比較してごつすぎず、長時間装着する人なら、そちらのほうが良い場合があります。医師から薦められたコルセットがあまりにも高価だと感じた方は、高すぎて買えないと率直に伝えて、必要なら他で探しますと言っても良いと思います。

業者の装具は保健が効き、後から払い戻しも受けられるのですが、はじめにいきなり2万円ものお金を負担しなければならないというのは、ちょっと納得いかないところがあります。もちろんコルセット代の負担が何ともなければ、それでも良いでしょうが、すぐに払えないという方は無理にそれを選ぶ必要はありません。

坐骨神経痛の治療期間にコルセットを使用すると、腰や背中の筋肉が衰えてしまうとも言われますが、前述の通り、コルセットをずっと装着することは、すべり症の専用コルセット以外はまずありません。医師もずっとつける必要はないと指導しますので、コルセットをつけることで衰える筋力よりも、腰痛を軽減でき、生活動作が楽にとれるメリットのほうが大きいと言えるでしょう。

保存治療期間中は、何かと役に立つコルセットですから、値段もタイプも自分に合ったものをうまく活用していくと良いのではないでしょうか。