坐骨神経痛のほとんどは椎間板ヘルニアか梨状筋症候群が原因

坐骨神経痛のほとんどは椎間板ヘルニアか梨状筋症候群が原因

坐骨神経痛という言葉は、ラジオや雑誌広告などでも聞いたり見かけたりすることが多くなりました。坐骨神経痛は、腰痛のひとつの病名と思われるかもしれませんが、そうではありません。坐骨神経痛とは腰痛の症状名であって、椎間板ヘルニアなどの病名ではないのです。たとえば椎間板ヘルニアも症状からみると坐骨神経痛の一種となります。また脊柱管狭窄症も坐骨神経痛に一種です。

ただし坐骨神経痛は、その名の通り坐骨神経が圧迫されてたり刺激されたりすることで痛みを発するということですから、おおもとの腰痛症はヘルニアであれ脊柱管狭窄症であれ、坐骨神経に絡んだ痛みがあるということになります。

坐骨神経は非常に太い神経で、太さだけでなく長さにおいても抹消神経のなかでは最大の神経です。坐骨神経は腰にある梨状筋というところから、大腿部の後方を通過して膝の裏側のあたりまで伸びていて、そこから総腓骨神経と脛骨神経に分岐しています。これらの神経は足のほうにまで伸びていますから、坐骨神経痛の痛みは足の裏にまで伝わる場合があります。つまり、少し大雑把な言い方になりますが、坐骨神経が圧迫された痛みは、下肢全体に伝播するといったことになるわけです。

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症になると、下肢痛・しびれが足のほうにまで感じられることが多いわけですが、これは坐骨神経痛も痛みの原因となっているということが言えるわけです(もちろん坐骨神経だけが圧迫されているということではありません)。

こうしてみると、「坐骨神経痛イコール腰痛症」と考えても良さそうですが、ほとんどの坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアと梨状筋症候群です。変形性腰椎症や脊柱管狭窄症、また腫瘍性の腰痛も坐骨神経を圧迫することはありますが、大体先のふたつが坐骨神経痛の主原因と考えて良いでしょう。

椎間板ヘルニアは非常にポピュラーな腰痛ですから、大体どんな腰痛なのか知っている方も多いでしょうが、梨状筋症候群というと、ちょっと聞きなれない腰痛かもしれません。梨状筋というのは臀部にある深層筋、つまりインナーマッスルです。そして梨状筋は坐骨神経の出発点にある筋肉で、梨状筋のそばに坐骨神経があります。
臀部の表層筋には大殿筋があるわけですが、むかしにくらべてこの部分の筋肉はあまり鍛えられていないことから、腰や臀部に負担がかかると、鍛えられていない大殿筋はすぐに音を上げてしまい、負荷が梨状筋に伝わっていきます。そして梨状筋が筋肉疲労をおこしてしまうと、神経や骨が負荷を受け止めることになり、坐骨神経が刺激されてしまうわけです。

それでも梨状筋症候群が原因で坐骨神経痛になっても、ほかの部位で異なる腰痛の原因がなければ、手術に至るような重症になることはありません。初期痛を緩和してあげれば、保存療法と筋力強化によって痛みは改善されていきます。梨状筋症候群が原因の坐骨神経痛と診断されたら、腰回りの筋肉が弱いということを自覚して、ウォーキングやスイミングなどの負荷の少ないエクササイズで、時間をかけて筋力を強化していくことをおすすめします。