坐骨神経痛を自覚したら

坐骨神経痛を自覚したら

坐骨神経痛とは、疾患名ではありません。なんらかの疾患を起因とする、症状についた名前です。例えば、風邪をひいてせきが止まらない場合の、「せき」にあたるものです。

坐骨神経痛を自覚したら、まずなんらかの疾患を疑わなければなりません。坐骨神経痛の原因としては、椎間板ヘルニアやぎっくり腰、腰椎すべり症などが多くあげられます。ですから、坐骨神経痛の治療はその原因となっている疾患をきちんと見つけ、治療することが重要となってくるのです。

坐骨神経痛は、その名のとおり、「坐骨神経」が圧迫されることにより起こる「神経痛」のことを指します。坐骨神経とは、末端神経のひとつで、下半身に沿って伸びている末端神経のことをいいます。椎間板ヘルニアやぎっくり腰、腰椎すべり症により、従来の機能を果たさなくなった腰周辺の筋肉をサポートするため、その他の筋肉は常に緊張状態を強いられます。その結果、坐骨神経が圧迫され、坐骨神経痛となるのです。

ですから、坐骨神経を自覚したら、まずはその原因となっている疾患を探し、治療することが、坐骨神経痛治療の重要なポイントとなるのです。