グルコサミンとコンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチン

坐骨神経痛に効果が期待されるサプリメントとして、グルコサミンとコンドロイチンがあります。ドラッグストアや通信販売などで購入することができる、ポピュラーなサプリメントです。

グルコサミンとは、カニや甲殻類に多く含まれる「キチンキトサン」の主成分です。キチンキトサンのままだと吸収が悪いため、グルコサミンという成分にしてから、サプリメントとして販売されています。グルコサミンには、関節と関節をつなぎ合わせる役割のある軟骨を、結びつける働きがあるため、坐骨神経痛に効果があるといわれています。ただ、グルコサミンのサプリメントはカニや甲殻類を主成分として作られることが多いですから、アレルギーを持っている人は、かならず医師に相談してから摂取するようにしましょう。

コンドロイチンは、納豆やおくらなどのネバネバした食品や、うなぎやフカヒレなどに多く含まれています。コンドロイチンには関節の動きをよくする潤滑油のような役割を果たすので、坐骨神経痛に効果があるといわれています。サプリメントのコンドロイチンは、サメ軟骨を原料として作られているものが多いようです。

グルコサミンとコンドロイチンは、一緒に摂取するとより坐骨神経痛に効果があるといわれています。両方を含むサプリメントも発売されています。