坐骨神経痛とダイエット

坐骨神経痛とダイエット

坐骨神経痛の予防法・改善法のひとつとして、体重管理があげられます。坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアやぎっくり腰など、腰部周辺の疾患が原因となって引き起こされる症状です。ですから、腰部に負担がかかればかかるほど、坐骨神経痛がひどくなるともいえます。それゆえ、腰部に負担をかけないよう、体重管理が大切になってくるのです。

もし、過体重の場合は、ダイエットするだけで坐骨神経痛が改善される場合もあります。ダイエットというと難しく困難なものに感じる人も多いかもしれませんが、日々の生活の中で、ほんの少し工夫するだけでダイエットすることができます。

例えば、食事のとき一口ご飯を残すようにする、一駅手前の駅で降りて、歩くようにするなどです。気負わずとも、気軽に日常生活の中でダイエットすることができます。ただ、運動面に関しては、坐骨神経痛の痛みがひどいときに、無理をしてはいけません。よけいに悪化させてしまう場合もあるからです。必ず医師や専門家の指示をあおぎ、健康的なダイエットを行うようにしましょう。