坐骨神経痛と水泳

坐骨神経痛と水泳

坐骨神経痛の予防、改善に効果的だといわれているのが水泳です。水泳は全身の筋力を高めるだけでなく、血行をよくする効果も期待できます。さらに、水中では体にかかる負担が陸上の三分の一になりますから、腰部にかかる負担も、陸上で行うスポーツより少なくまります。

坐骨神経痛の予防、改善のために水泳をするなら、クロールや背泳ぎがお勧めです。バタフライや平泳ぎなどは、腰部に負担をかけてしまい、逆に悪化してしまう恐れがあるからです。もし、泳ぐのが苦手な場合には、ビート板やヘルパー(浮き輪)を使うのもいいでしょう。

さらに、泳げない、水に顔をつけるのも苦手、という人には、水中ウォーキングがお勧めです。はじめは10分程度から始めてみるとよいでしょう。

水泳も水中ウォーキングも、坐骨神経痛の予防や改善に、大きく役立ちます。しかし、誤った方法で行ってしまうと、逆に坐骨神経痛を悪化させてしまう恐れもあります。必ず事前に医師やインストラクターの指導を受けてから行いましょう。