坐骨神経痛と原因

坐骨神経痛と原因

お尻から太もも、ふくらはぎなど脚の裏側を通って、足先まで伸びている神経を、坐骨神経といいます。

私たちの腰を構成している、骨(腰椎)、椎間板、靱帯、筋肉 などの組織のどこかに障害が起きることにより腰痛を発症します。
取り分け、腰椎や椎間板に異常をきたした場合には、腰の痛みだけでなく坐骨神経痛を伴うことがあります。

坐骨神経痛とは「坐骨神経」に沿って走る神経痛症状の事をいい、お尻から脚にかけて、しびれや冷え、あるいは熱をもったような知覚異常が現われてきます。
重症化すると運動麻痺が起こることもあります。

坐骨神経痛は坐骨神経を圧迫する事によって起こる神経痛一般の事をいい、病名ではなく、症状名なのです。

では、どのようして坐骨神経痛が起こるのか。
坐骨神経痛を伴う腰の病気の代表的なものとして、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあります。

腰部脊柱管狭窄症
脊柱(背骨)の後方(背中側)には、脊柱管とよばれる空間があり、 脊柱管のなかには、脳から続いている神経の束(脊髄)が通っていて、 そこから神経が枝分かれして下半身へと伸びていっています。

この脊柱管が狭まってしまうことによってなかを通る神経が圧迫され、さまざまな障害が起こってしまう病気を腰部脊柱管狭窄症といいます。
脊柱管の狭窄は、加齢による骨や椎間板の変形が原因とされており、お年寄りにより多く発症するものです。

腰椎椎間板ヘルニア
椎間板は脊柱を構成しているいくつもの椎体(椎骨と椎弓を合わせた名称)同士をつなぎ、クッションの役目を果たしているもので、中心部にあるゼリー状の軟らかい髄核の周囲を繊維輪という丈夫な組織が包んでいます。

椎間板には、体重を支えるためにもともと大きな圧力がかかっているのに加えて、無理な体制で重いものを持ったり、前傾姿勢を続けるなどによってより強い圧力が加わり、繊維輪に亀裂が入り、中から髄核が後方へ飛び出してしまう事になります。

はみ出した髄核は、下半身につながる神経を圧迫し、急性の激しい腰痛や坐骨神経痛、しびれなどを引き起こします。
これを椎間板ヘルニアといい、20~30歳代の若い人から高齢者まで、幅広い年齢層で起こる病気なのです。

腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激に発症します。
そして、寝た状態で痛みのある方の脚のひざを伸ばしたまま上げると、坐骨神経痛の痛みが増幅するというラセーグ兆候が起こります。
 これは特に、椎間板ヘルニアによる神経痛の特徴です。