発症しやすい季節とは

発症しやすい季節とは

寒い時期になると筋肉が収縮して血流が悪くなります。そうしますと、臀部と大腿部の後ろ側が、しびれたり、感覚がなくなってしまう症状が現れてきます。この症状が出やすい季節こそ、冬の寒い時期や季節の変わり目による気圧の変化が激しい時期といわれています。温度差が激しい季節になりますと、ほぼ一年中にわたり神経痛を持っている人にとりましては、身体が過敏に反応をしてしまいますので、なにかと痛くなったりして、脚の感覚が違うようになっていることを理解できると思います。このような季節の変わり目から、寒い季節へ入る前から、事前に身体の痛みを予防することを心がけてください。毎日のストレッチ、筋肉強化はボディブローのように効果が現れてくるものです。