腰痛・坐骨神経痛に新しい治療法・・・・バイタルリアクトセラピー

腰痛・坐骨神経痛に新しい治療法・・・・バイタルリアクトセラピー

バイタルリアクトセラピーとは、カイロプラクティックの手技をコンピューターで確認しながら行う治療で、「コンピューター制御の骨格矯正」という事になります。

矯正(アジャスト)と言えば、カイロプラクティックやオステオパシー(筋肉調整による自律的な骨格矯正を促すというアメリカ生まれの手技療法)などの「手技」によるアジャストが一般的です。

しかし「肩こり」「腰痛」「坐骨神経痛」といった各症状に非常に効果的ではあるものの、それには職人技ともいえる「熟練の技術」と「確かな知識」、そして「豊富な経験」が必要不可欠で、治療家によって技術力に大きな隔たりがあるのが欠点とも言われていました。

そこで、開発されたのが、「感覚」ではなく、「情報」による方法で、「矯正を正しく実現させる為に、コンピューター制御によって誰もが正確な部位に最適な力をかける事ができる」という仕組みです。

いわば、カイロプラクティックのアジャスト技術が科学的に進化して、「安全性と確実性」を実現した次世代型の治療法といえます。

ただし、厳密に言えば「関節のアジャスト(矯正)」が目的ではなく、「関節のロック状態の解除」がその目的となります。

矯正はロックの外れた関節部位の関節運動で自律的に歪みが戻されるという、いわば自然治癒力が歪みを整える「きっかけ作り」を行うということです。
これはカイロプラクティックというよりも、オステオパシーに近い概念と言えるかもしれません。

バイタルリアクトセラピーは「正しい検査」「正しい治療」「正しい結果」を追求してできた、安全・低刺激で最大の効果が期待できる治療法で、米国シグマ社製のコンピューターを用いた、いま世界で話題の最新コンピューター治療システムです。

しかし残念ながら日本ではまだ100台ほどしかなく、ほとんどが首都圏・関西圏の整骨院・接骨院に集中しているというのが実情です。