坐骨神経痛の裏に潜む疾患

坐骨神経痛の裏に潜む疾患

坐骨神経痛はポピュラーな名前ですが、病名ではありません。
坐骨神経痛に原因となる疾患があるという事はあまり考えないかもわかりませんが、何が引き金で坐骨神経の痛みが出ているのかを調べる必要があります。

坐骨神経は第4・5腰椎神経及び第1~3仙骨神経からの神経で構成されています。
骨盤の閉鎖孔から出て、大腿後面を通り下腿で2つに分かれて伸びている神経です。

坐骨神経痛はこの神経が圧迫されることが原因でおきる症状で、圧迫の原因は様々です。
坐骨神経痛を引き起こす要因にはどのようなものがあるでしょうか。

・椎間板ヘルニア
椎間板は、背骨を構成している椎骨と椎骨と間にあり、体への衝撃を吸収するという重要な役割があります。
軟骨で弾力性もあるのですが、この椎間板が老化や過大な負荷などによってはみ出してしまうことがあります。このはみ出した椎間板で神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に痛みや痺れなどの症状を出してしまいます。

・脊柱管狭窄症
背骨の中央にあるトンネルが、老化などにより狭くなってしまい、トンネルの中を通っている神経を圧迫し、痛みや痺れの症状が出ます。
しばらく歩いていると、腰や足に痛みやしびれ、つっぱり感が出て途中で歩けなくなります。
しばらく休んでいると又歩けるようになります。これは脊柱管狭窄症の特徴です。

・腰椎の分離・すべり症
腰椎の分離は、腰椎の関節を構成している付近の骨が切れてしまった状態の事をいい、レントゲンで確認することができます。
骨が充分に成長していない子供の頃にハードなスポーツをするなどして、大きな負荷が腰部にかかって起きた疲労骨折ではないかといわれています。

この分離は、仙骨と腰部のつなぎ目である第5腰椎に多く見られます。
必ずしも腰痛などの症状が出るわけではないのですが、問題はこの部分が分離した状態で不安定になると、切れた部分からその骨が前方へズレるようにすべってしまう腰椎すべり症を引き起こしてしまう事です。
滑った腰椎で神経が刺激されると坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状をおこすことになります。

・梨状筋症候群
坐骨神経はお尻の筋肉の中にある梨状筋と呼ばれる筋肉の下を通っています。
スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担をかけ続けると、この梨状筋にもストレスが及ぶようになり、梨状筋の状態が悪くなります。
このことにより坐骨神経が圧迫されてしまうと、坐骨神経痛の症状が現れます。

・腫瘍
背骨に癌が転移したり、背骨の中央を通っている脊髄の腫瘍により、坐骨神経痛を伴うことがあります。
この場合安静にしていても痛みがとれない、夜間も痛みが続くなど、今までに経験したことのないような症状であれば、早急に病院へ行く必要があります。

以上のような原因で坐骨神経痛が発症している可能性があります。
腰の違和感や痛みが続いた後に、坐骨神経に沿った痛みやしびれが出る場合もあり、「坐骨神経痛かな?」と思ったら、まず整形外科で検査を受けることが重要です。
悪化すると大変な事になる場合もありますので、痛みを我慢しないようにしましょう。