坐骨神経とは何か

坐骨神経とは何か

人の体には多くの神経が流れていて、それを人は日常生活の中で意識することになるでしょう。しかし神経のひとつひとつまで意識することはあまりありません。専門職以外であれば、名前を知っていることはほとんどないでしょう。重要な神経の中に、坐骨神経というものがあります。腰から下半身にかけて走っている神経であり、大きな神経で、人の動きに非常に影響を与える神経です。

この坐骨神経は簡単に把握できるものではなく、途中から名前を変えて、足先まで走ることになります。その神経の名前は脛骨神経と総腓骨神経というものです。人の体は便利なもので、大切なものは体の奥にしまっている傾向があります。しかしこの坐骨神経は比較的皮膚に近い位置に存在し、圧迫などの影響を非常に受けやすい神経となります。そのため坐骨神経痛という症状が多く出てくることになります。坐骨神経は、体のバランスを取ることにも重要であり、また感覚を伝えるのでも重要な働きをしています。この神経を痛めてしまうと、日常生活に支障をきたしてしまうこともあるでしょう。