坐骨神経痛の原因になるものとは

坐骨神経痛の原因になるものとは

坐骨神経痛の原因は様々ですが、一般的によく言われるのが、ぎっくり腰です。このぎっくり腰によって、坐骨神経痛が引き起こされてしまうケースが多く、ぎっくり腰の痛みと思っていたものが実は坐骨神経痛であったということもあり得ます。また脊柱管狭窄症とも関係が深く、脊髄神経を圧迫することから、坐骨神経痛を引き起こしてしまうこともあります。神経の圧迫による症状になるので、彫っておけばそれだけ、症状の悪化につながってしまう可能性が大きくなります。

ぎっくり腰でも脊柱管狭窄症でも、ほっとくことによるメリットは無いと言えるでしょう。神経による症状は適確な処置をしないと、その症状が治まることは滅多にありません。腰から臀部にかけて異常を感じた場合、専門機関へ足を運ぶことをお勧めします。また坐骨神経痛は骨の異常や筋肉の異常のほかに、帯状疱疹などによっても発症することがあります。帯状疱疹自体は、ストレスなどが大きく関係しているので、若い人でも十分な注意が必要と言えるでしょう。