何をもって坐骨神経痛というのか

何をもって坐骨神経痛というのか

坐骨神経痛は、ぎっくり腰や脊柱管狭窄症などの症状との関連性も強く、何をもって脊柱管狭窄症というのかをしっかり把握しておかないと間違った判断をしてしまう可能性があります。坐骨神経痛といっても、その痛みなどには個人差があるので、単純に痛みの大きさなどでは判断することが出来ません。また早期発見の為には自覚症状が一番大きな影響を持つと言えるでしょう。

坐骨神経痛の基準となる症状として、おしりから足にかけての激しい痛みがある、もしくは経験したことがある。背中に痛みを抱えている、物を持ち上げる時に、おしりから足にかけて痛みを感じる、どんな時にも、おしりから足にかけて、鈍い痛みがあるというものがあります。これらの症状がひとつでもある場合、坐骨神経痛の可能性があると思っておいても良いでしょう。特に、しびれるようなことが長期間続くようであれば、一度診てもらう必要があると言えるでしょう。神経の働きが悪くなるため、なんともいえない違和感を感じた時も少し注意が必要と言えます。