誰でも坐骨神経痛になるのか

誰でも坐骨神経痛になるのか

坐骨神経痛は、高齢者に多いですが、若い人にも坐骨神経津になる人が増えてきています。それには社会的な変化も大きく影響していると言えるでしょう。長時間座ったままによる仕事をしている人などが、腰に痛みを訴えることが多くなり、それが坐骨神経痛になってしまっていることは意外とあります。また腰のヘルニアなどによる、症状から坐骨神経痛になってしまうことも当然あります。そのため若いからといって、坐骨神経痛が関係ないことはありません。むしろ環境によっては注意しなければいけないくらいです。また骨に関係ない原因としては、帯状疱疹や糖尿病があります。これらは大きなストレスを抱えてしまったり、崩れた生活環境で起こりやすく、現代の若い人にとっては、他人事とは言えない原因と言えるでしょう、どれだけ順調に言っていても、いきなり失敗してしまうリスクが高い現代では、誰でも抱えているものだと言えます。高齢者でも若い人でも、油断しすぎることなく、健康的な体が維持できるように生活することが大切でしょう。