坐骨神経痛の治療に漢方薬

坐骨神経痛の治療に漢方薬

漢方薬を坐骨神経痛の治療に使うこともできます。

坐骨神経痛で痛みやしびれがあるからといって、長期間鎮痛剤を服用したりシップ薬を連用すると、副作用で胃腸を壊したり、肌がおかしくなってしまうケースも多いと言われます。
そこで、通常の薬で効果が見られないとき、また副作用が気になる方は、漢方薬が効果的な場合もあるのです。

漢方の考え方は、体の血の巡りが悪い、またおりものの量が多い、などが原因で坐骨神経痛をもたらす、というもので、血の巡りをよくしたり、おりものを排出する、などの効果をもたらす漢方薬を服用することで対処をすることになります。

漢方薬には即効性が無いため効果を実感しにくいかもしれませんが、漢方薬を利用すれば、健康的な体を作ることができるでしょう。
坐骨神経痛の症状は人によって異なりますので、どの漢方薬が良いのかは人によって異なります。

大抵の漢方薬局では、薬剤師が対応し、症状を良く聞き、それぞれの症状に合った漢方薬を処方してくれますので、信頼できる漢方薬局で、免許を持った漢方医に良く相談して、より自分の症状や体質に合った漢方を見つけることで、効果を実感できると思います。

漢方薬を求める場合、知り合いに教えてもらったり、口コミ、漢方薬局のサイトなどを参考に、信頼できる漢方薬局へ行くようにしましょう。