坐骨神経痛に関わる筋肉「大臀筋」

坐骨神経痛に関わる筋肉「大臀筋」

坐骨神経痛が起きるメカニズムとして、臀部筋肉がコリ固まって骨盤が固定されてしまうために、臀部筋肉の下を走る「梨状筋」を圧迫してしまい、その下を走る坐骨神経に接触して「坐骨神経痛」が発症してしまうという事も考えられます。

腰椎の筋肉に何らかの異常が起こって、殿筋が緊張する状態になる事が多く、坐骨神経痛が腰痛や椎間板ヘルニアと共に発症する事が多い理由といえます。

臀部筋肉の中で一番大きいのが大臀筋(だいでんきん)で、お尻の先にある出っ張り(尾骨)から左右に広がる所謂「お尻の筋肉」を指します。

大臀筋はお尻の部分(骨盤の後ろ)からもも(大腿)のヨコ側についている筋肉で、主に足を後ろに振り上げる、足を外側に開く(外旋機能)などの働きがある筋肉で、「伸筋」といえる筋肉です。

しゃがんだ状態から立ち上がる時やジャンプをする時など、体の後ろ側に向かって脚を蹴りだす時のように股関節を体の後方に向かって伸ばすときには、大臀筋の筋力が重要になってきます。
お尻のプロポーションの成形だけでなく立つ・歩くといった日常動作に欠かせない筋肉の一つです。

また、前に傾こうとする上半身をうしろに引き上げたり、骨盤を始めとしてお尻のあたりの組織の位置を正常な位置に保つという役割も果たしています。
太ももの大腿四頭筋などが発達していても脚の根元を支えている大臀筋が弱いと、スポーツなどで力を発揮できない事になってしまいます。

大臀筋は腰部と下半身をつなぐ要になっている筋肉の一つでもあり、骨盤の前側にある腸腰筋(腸骨筋・大腰筋・小腰筋)と関係が深く、例えば、階段を上る時、腿を上げる働きがあるのが腸腰筋で、腿を後方に引く働きをするのが大臀筋です。

このようにお互いの筋肉を使って立ったり歩いたりすることができるので、腸腰筋とのバランスも重要です。
筋力が弱まったり腸腰筋とのバランスが崩れると、歩く動作や立った時の姿勢に老化の現象が現れやすくなり、お尻のプロポーションも悪くなります。

この、抗重力筋である大殿筋を鍛えることで、骨盤を正常な位置で安定させることができますので、腰痛や椎間板ヘルニアの防止につながり、それらによって引き起こされる坐骨神経痛も防止できることになります。