坐骨神経痛に関わる筋肉「中臀筋」

坐骨神経痛に関わる筋肉「中臀筋」

中臀筋のこりが原因で坐骨神経痛になることが意外と多いのです。

中臀筋は脚のつけ根から腰へかけての両側にあり、骨盤と股関節(大腿骨)を結んでいます。
大臀筋の奥にある筋肉で現代人が余り使わない筋肉の一つなので、中臀筋は固まるいっぽうです。
中臀筋が固まると腰全体に波及してしまい、坐骨神経痛を起こすのです。

 大臀筋が「後ろ」に足を振り上げる筋肉であるのに対し、足を「横に」振り上げる役割 (外転機能)を果たす代表的な筋肉で、いわゆる「外転筋」です。
腸骨から始まり大腿骨まで走っており、バレリーナの方などはしっかりと鍛える筋肉です。また、外転作用を持つ筋肉は内旋作用(大腿骨を内側に旋回する)を持っています。

筋肉の中でも中殿筋は、立ったり歩いたりするときにとても重要な役割をはたします。
片足で立った時にバランスを保っていられるのもこの筋肉がしっかりと働いているからです。

正常時では中殿筋がしっかりと働くために、片足で立った時骨盤は水平に保たれます。
しかし、中殿筋が弱ったり、麻痺したりすると骨盤を支えることができず体が傾き、バランスを保つために反対側の骨盤が下がるので、歩くときに体が左右に揺れてしまいます。(デュシェンヌ跛行という)

このあまり目立たない筋肉ですが、鍛えることにより坐骨神経痛の予防や、お尻のプロポーション作りにもつながりますので、ストレッチなどで鍛えておきましょう。