ラセーグ兆候と坐骨神経痛

ラセーグ兆候と坐骨神経痛

坐骨神経痛かどうかを判別する検査方法に、ラセーグ兆候があるかどうかを見るテストがあります。これはラセーグテストと呼ばれるものであり、坐骨神経痛が疑われる場合に行われるテストです。方法としては仰向けに寝そべり、体を楽にした状態にします。その状態で自力ではなく、他の人によって膝を伸ばした状態で、足を30度以上上げることができるかどうかというテストになります。

通常の人であれば、難なく行うことができますが、坐骨神経痛を症状として持っている場合には、スムーズにあげることができず、痛みを強く感じることになります。坐骨神経痛は片側だけに見られることが多く、片足だけに対して行われることが多いですが、ヘルニアなどのものが原因として考えられる場合には、両足に痛みが出てくることになるでしょう。個人的に行うことも可能ですが、痛みを伴う検査になる可能性があるので、できる限り、専門家の人に行ってもらう必要があります。