坐骨神経痛・・・予防の一歩は「散歩」

坐骨神経痛・・・予防の一歩は「散歩」

「散歩」が最も身近な坐骨神経痛の予防方法として優れているといわれます。

しかし、散歩で腰痛を100%防ぐことができるのではなく、どちらかというと健康な体を作るための運動と考えるべきです。
つまり、散歩で心身共に健康体にすれば、人間本来の自然治癒力が回復するという考えです。

散歩はまさに全身運動であり、健康な身体を作るための最も基本的な運動だと言えます。
散歩によって運動不足が 解消され体の筋肉のバランスが整い、坐骨神経痛予防の入り口ともいうべき、腰椎回りの強化を可能とする土台作りが進むのです。

マラソンの場合は、一定の力で負荷が掛り、10分も走れば筋肉自体にかなり疲労が蓄積されてしまいますが、 散歩なら、筋肉が痛めつけられることもありません。
散歩前に十分にストレッチをしておけば、ゆっくりと筋肉に蓄積された疲労は、翌日に疲れが残ることはありません。

散歩にトレーニング専用器具といったようなものは何も必要ありません。
時間の調整を自分でしさえすれば今からでもすぐに始められます。
自己管理ができる人であれば誰にでもとても手軽に始められる健康対策です。

散歩はやればやるだけ、しっかりと効果が出てくるものです。
年配の方、リハビリ途中の方などは 是非取り入れてみて下さい。