室温と坐骨神経痛

室温と坐骨神経痛

坐骨神経が温度と大きく関係しているというように考える人はあまり多くないでしょう。一見温度とは何も関係のない様に見える症状なので、痛みが、気温によって引き起こされているというように考える場合は少ないです。

しかし気温や温度は坐骨神経痛と大きく関係している場合もあります。坐骨神経痛は筋肉の症状を強く受ける症状の一つです。気温が低いとどうしても、筋肉が動かしづらくなり、それを無理やり動かすことによって筋肉に余計な負担がかかってしまいます。筋肉の負担から、坐骨神経に影響が出てしまい、痛みにつながってしまうこともあります。

部屋の中だからといって安心することもできず、室温が低ければ当然、坐骨神経痛につながってしまうこともあります。室温をしっかりとある程度高めにしておいて、動く時には、ストレッチなどを欠かさないようにしておくことが大切になります。痛みが出る前の予防方法としても利用できるでしょう。痛みがある人は、ゆっくりと無理をしないことが重要です。