極度の肥満は万病のもと

極度の肥満は万病のもと

肥満というと、生活習慣病や、内臓の機能を低下させてしまう病気などの原因になると考えられますが、実は坐骨神経痛にも非常に大きく影響していると言えます。肥満によって余計なものが体に付くとそれだけで、体の負担が大きくなります。極度になくなってしまうのも問題ですが、必要以上にあることもまた問題です。

坐骨神経痛の人がダイエットをすることで症状を改善することができる場合もあります。そのため体重の値によってはダイエットもしっかりと考える必要があるでしょう。ダイエットをしていくにあたって重要なのは、特別な運動をすることもありますが、食べすぎないことです。「これくらい良いか」と思ってしまうときには、実際にはそれの23倍の量を食べてしまうことになります。

そのため「これくらいなら」というような妥協の気持ちが浮かんできた時には、我慢の合図と思い、しっかりと自己管理する必要があります。本当に必要な食べ物であれば、妥協の気持ちは一切浮かんでこず、食べることに素直になれるでしょう。それをしないと逆にストレスがたまってきてしまうことになるので注意です。