坐骨神経痛に関わる主な疾患

坐骨神経痛に関わる主な疾患

坐骨神経痛は、ぎっくり腰のように耐えがたい激痛が襲ってくることがあまりなく、我慢できない痛みではないので、そのことが坐骨神経を患わっている人を病院から遠ざけ早期治療の機会を失う場合があります。

専門家での診察が遅れることで症状を悪化させてしまう結果を招きます。
坐骨神経痛に関わる疾患は下記のように色々ありますので、これらの疾患が重篤化する前に専門医の診察を受けるようにしたいものです。

・椎間板ヘルニア
椎間板は背骨を構成している椎骨の間にあり、体への衝撃を吸収するという重要な役割があります。
椎間板は弾力性がありますが、負荷によってはみだしてしまうことがあります。

椎間板ヘルニアとはこの椎間板がはみ出している状態のことをいいます。
はみ出した椎間板が神経を圧迫すると極めて強い痛みが起こり、時には日常生活が困難になることもあります。

椎間板は堅い線維輪(椎間板の表面)と高圧に保たれている中心の部分(髄核)があります。
この線維輪が何らかの理由で弱ると椎間板が神経に向かってふくれて、そのふくれた椎間板が神経に当たることで坐骨神経の通っている範囲に症状出てきます。
脚がしびれて動かなくなったり歩行が困難になったりします。

・脊柱管狭窄症
脊柱管を通っている脊髄、馬尾と呼ばれる神経が圧迫され、それによって痛みや痺れの症状が出る疾患です。

脊柱管狭窄症は加齢によって骨がもろくなること、または筋肉疲労によって筋力によるサポートができずに骨にかかる負荷が過多になることから発症すると言われています。
長時間歩いていると、腰の痛み、足の方へ痛みやしびれ、つっぱり感が出るようになります。
休憩を入れなければ歩けなくなることもあり、頚椎の部分が誘引の場合には腕に症状が出ることもあります。

・腰椎の分離・すべり症
腰椎分裂症は、椎骨棘突起が折れてしまい腰痛を起こすものでレントゲンで確認することができます。
分離しているからといって、必ずしも腰痛などの症状があるとは限りません。

しかしこの分離した部分が不安定になった場合に、分離した部分から骨が前方へズレるようにすべってしまい、神経が刺激されてしまいます。
それによって坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状を起こすことになります。

・梨状筋症候群
 梨状筋は臀部にある筋肉で、スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担がかかり続けると、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛の症状が現れます。
一般に梨状筋症候群の場合は、腰痛はなく、股関節外旋や横すわりで体重を患部側にかけると痛みが増強します。

・腫瘍
背骨に癌が転移した場合や、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などの腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合があります。
この場合痛みが非常に強く保存的治療では治りにくいのが特徴です。

その他カルシウム不足により坐骨神経痛の症状が出る場合があります。
人間の体は副甲状腺ホルモンの働きを使って骨からカルシウムを取り出し、血液中のカルシウム濃度を維持しようとしますが、この時筋肉細胞中のカルシウムイオン濃度のバランスが崩れ筋肉の異常収縮・異常緊張がおこります。
慢性的な筋肉の異常緊張は、骨格筋周辺の抹消神経を圧迫して傷つけ、肩こり・腰痛・坐骨神経痛の原因となります。